感謝の気持ちを込めて贈る

敬老ch

高齢者でも食べられる柔らかい食事|宅配弁当のやわらかダイニング

高齢者 柔らかい食事

高齢者でも食べられる柔らかい食事|宅配弁当のやわらかダイニング

2022年2月6日

高齢者の方は噛む力が弱くなってきたり、飲み込む動作がスムーズにいかないことがあります。

また、入れ歯や歯茎でもぐもぐする場合など柔らかい食事がおすすめです。

高齢者の方がお一人でも安心して食べられる食事を紹介します。当サイトでは宅配弁当のやわらかダイニングの3段階のやわらかさコースをおすすめします。

この記事に書かれていること

  • 高齢者でも食べられる柔らかい食事
  • 高齢者が食べにくい食事
  • やわらかダイニングの特徴
  • 高齢者の食事の注意点

高齢者でも食べられる柔らかい食事

おばあちゃんやおじいちゃんの噛む力や飲み込む力、歯や歯茎の状態に合わせて食事を選んであげることが大切です。

【参考】三ツ星ファーム

食べやすい食材

肉は柔らかい部位を選んで食べやすい工夫をしてあげましょう。

鶏肉の皮や牛肉のスジ、脂身は取り除いてあげると食べやすいです。

食べやすい肉の部位

  • ヒレ
  • サーロイン
  • もも肉(豚、鶏)
  • ささみ
  • ロース(豚)

魚は柔らかくほぐしやすいものを選びましょう。

マグロやはまち、うなぎなど細かく砕いたり、ほぐして食べやすくしましょう。

鮭、いわし、あなごなどは小骨も少なく食べやすいです。

調理の時のポイント

まずは、固い食材は柔らかくしましょう。

煮込む、蒸すなどで食材の芯まで柔らかくします。また、豆腐や出汁、牛乳などを加えると柔らかくなります。

肉には赤ワインで柔らかくなります。

細かく小さく切ってあげます。繊維性のものは繊維に反して切ることで噛み込みやすくなります。

厚い肉は薄く切ってから重ねて上げるなどトンカツを作る際の工夫の1つです。

また、水分の少ないパンなどはフレンチトーストにしたり、牛乳つけにしたりしっとりさせましょう。

栄養のある食材も大切

食べやすい食材といっても偏った栄養ではバランスを崩してしまいます。

野菜はなるべく旬の野菜を使い、芯まで食べられるように調理しましょう。

カルシウムやタンパク質は骨や体を作るのに大切な栄養素です。

肉や野菜、魚など牛乳や大豆幅広い食材をこまめに摂取しましょう。

高齢者には食べにくい食事

高齢者に食べにくい食事もあるので注意しましょう。

そのままでは食べにくい食品

  • キャベツ
  • きゅうり
  • ごぼう
  • セロリ
  • 麺類
  • こんにゃく
  • 海苔
  • わかめ

上記で紹介したような調理ができる食材以外のものは調理に手間がかかったり、美味しく調理できないこともあります。

高齢者でも食べやすいやわらかダイニング

 

やわらかダイニングでは3段階のやわらかさが選べます。送料無料で注文しやすく人気の宅配食です。

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  ちょっとやわらかめ

かたいものが少し苦手なおばあちゃん、おじいちゃんにおすすめです。

小さめサイズで少しだけやわらかくしてある食材が主となっています。

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  ちょっとやわらかめ

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  かなりやわらかめ

肉や魚はそのままの形の状態から箸でスッと切り分けられる食事です。

食材によっては飲み込みやすいように餡をかけたり、適度にとろみをつけたりされている飲み込みやすい食事です。

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  かなりやわらかめ

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  ムースやわらか食

薄めに味付けされたおかずを飲み込みやすいようにムース状になっています。

歯ぐきで優しくつぶせる柔らかさ。レンジでちチンするだけで簡単に完成です。

高齢者でも食べられる やらかいダイニング  ムースやわらか食

-高齢者 柔らかい食事

Copyright© 敬老ch , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.